歯科衛生士が再就職に有利な理由

歯科衛生士が再就職に有利な理由 歯科衛生士という職業は耳にしたことがあっても、実際はどのような仕事なのか分からないという人が多いです。
歯科衛生士は、厚生労働省が定める国家資格で、指定の学校を卒業後に国家試験に合格しなければなることができません。
希望すれば誰でもできる仕事というわけではないので、そもそもできる人の数が限られています。
そして、歯科衛生士というのは女性が多く活躍しています。
資格があることで就職に有利なだけでなく、再就職にも有利であることは意外と知られていません。働いている人の多くは、結婚や妊娠などで退職することがあります。
そのため、全国的に求人が常に多く出ている状態です。自分が働きやすい職場を選んで働けるという有利な資格です。
仕事内容も、治療の補助だけでなく、歯磨きの指導や歯石の除去など多方面に広がり、とてもやりがいのあるものばかりです。
歯周病のケアや、お口のクリーニングなどで、長期間患者さんと付き合っている歯科衛生士も少なくありません。

歯科衛生士が行う歯周病予防指導について

歯科衛生士が行う歯周病予防指導について 歯科衛生士は、歯科医師が虫歯などの診療をするときの補助だけでなく、予防衛生業務も重要な仕事のひとつです。歯を失う歯周病予防指導でも、其の力を発揮します。
では、どのような指導をしていくのかというと、患者自身が行えるものとしてブラッシング指導があります。
普段歯を磨いているつもりでも、自己流ではどこに細菌が集まって、歯周病ができやすいのかを理解していないので、効率的に磨くことは難しいのです。
歯垢が出来やすい場所、磨き残しが多い場所、などを歯科衛生士が指導していくことで、清潔な歯を保つことが出来ます。
また、ブラッシングで使う歯ブラシや歯磨き粉についても、個々人で異なる口内環境に合わせて適切なものを選ばなければいけません。
しかし、薬局や大手ドラッグストアで販売されている商品は山のようにありますから、その中から素人が選ぶのは大変です。
歯周病予防指導では、そのようなことについても相談に乗ってくれるのです。