歯科衛生士の求人はとても多い

歯科衛生士の求人はとても多い 歯科衛生士は専門の教育課程を修了し、国家資格を有する職業です。看護師についで求人はとても多いので、ニーズの高い職を言えます。
歯科医が診療や治療に入る前に、患者さんとのコミュニケーションをとったり、下準備をしたりして治療にスムーズに入れるようにしたり、治療後のサポートを担うので、1つの医療機関に複数人が必要となってきます。
加えて、補助的な業務とはいえ、患者さんの口腔内を触ることができるのは歯科衛生士の資格を持っているものだけです。
受付や器具の準備などは歯科助手も行えますが、専門性をもった有資格者に任せたい歯科医も多くいます。
ただ、国家資格なので「この職場でなくても仕事ができる」という意識を持つ歯科衛生士も多いので、離職率が高いことは事実です。
歯科医やほかのスタッフ、また患者さんとも密にコミュニケートするので人間関係によって職場を離れる人も多いのです。
ただ、求人を出せば応募してくれる人も多い、一度リタイアした人にも声をかけるなど、求人は頻繁にあります。

歯科助手と歯科衛生士の違い

歯科助手と歯科衛生士の違い 歯医者へ診察を受けに行くと、歯科医の他に白衣を着ているスタッフがいます。
彼らは歯科助手か、歯科衛生士という役職にありますが、同じ服装をしているので見分ける方法はありません。
しかし、歯科助手と歯科衛生士には明確な違いがあります。
歯科助手はその職につくために特別な資格が必要ではありませんから、未経験でもアシスタント業務をこなせる仕事内容になっています。
そして歯科衛生士は、最低でも3年制の歯科衛生士養成課程をそなえている専門学校で勉強し、専門学校を卒業した後に国家試験を受けて合格をしなければなりません。
仕事内容にも違いがあり、専門的な勉強をしていることから歯科医のアシスタントとしての知識も有しているため、患者さんの口の中を触ったり、虫歯や歯周病にならないようにするための予防処置を行ったり保健指導なども行えるようになっています。
治療を受けた後に歯磨き指導を行うなどの予防処置は、診療補助の扱いになっています。